Zabbix の警告メッセージ「Disk read/write request responses are too high」

スポンサーリンク

前回、Ubuntuサーバ上にZabbixを入れました。今回はZabbix上に出ていた「Disk read/write request responses are too high」を対処してみます。結果から言うと試行錯誤継続です。

出ていたメッセージ

「Disk read/write request responses are too high」という警告が表示されていました。サーバ側のディスクアクセスがいっぱいいっぱいって事ですね。”トニーお腹がすいて力が出ないよ~”という状態です。いや逆か。

エラーメッセージを頼りに検索してみると、以下のフォーラムにたどり着きました。

sda: Disk read/write request responses are too high - ZABBIX Forums
Hello, I added 3 hosts to system but I am getting many many times this error: sda: Disk read/write request responses are too high (read > 20 ms for 15m or (続きを読む)

badfiles さんのコメント曰く、zabbixは多くのコミットとトランザクションがあるので、innodb_log書き込みが増えちゃうとのこと。調整したらうまく行きますよって書いてます。

my.cnf

my.cnf の調整をする必要がありそうなので、まずは読み込み順番を調べました。

$ mysql --help
mysql  Ver 15.1 Distrib 10.3.23-MariaDB, for debian-linux-gnueabihf (armv7l) using readline 5.2
Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Usage: mysql [OPTIONS] [database]

Default options are read from the following files in the given order:
/etc/my.cnf /etc/mysql/my.cnf ~/.my.cnf

/etc/my.cnf /etc/mysql/my.cnf ~/.my.cnfの順番のようです。

RasPi 3B+ のメモリ容量を確認します。

$ free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:            925         223         364          17         337         630
Swap:            99           0          99

以下の値をmy.cnfに記載して、再起動してみます。

innodb_log_buffer_size=xxM
innodb_buer_pool_size =xxM
key_buer_size =xxM
max_allowed_packet=xxM

結果的にうまく行ってないのでxxとしてあります。

既に出ているイベントを確認済にしておきます。

が、しばらくすると、またイベントが出てました。

swapを無効にしてみる

swapを無効にしてみます。

$ sudo swapoff --all
$ sudo systemctl stop dphys-swapfile
$ sudo systemctl disable dphys-swapfile
Synchronizing state of dphys-swapfile.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install disable dphys-swapfile
Removed /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/dphys-swapfile.service.

inavtive(無効) になりました。

$ systemctl status dphys-swapfile
● dphys-swapfile.service - dphys-swapfile - set up, mount/unmount, and delete a swap file
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/dphys-swapfile.service; disabled; vendor preset: enabled)
   Active: inactive (dead)
     Docs: man:dphys-swapfile(8)

: Starting dphys-swapfile - set up, mount/unmount, and delete a swap file..
: want /var/swap=100MByte, checking existing: keeping it
: Started dphys-swapfile - set up, mount/unmount, and delete a swap file.
: Stopping dphys-swapfile - set up, mount/unmount, and delete a swap file..
: dphys-swapfile.service: Succeeded.
: Stopped dphys-swapfile - set up, mount/unmount, and delete a swap file.

メッセージは変わりませんでした。

Raspberry Pi 4B でやってみる

RasPi 3B+だと性能が足りないのかなと思い、RasPi 4Bに変更してみましたが、結果は変わらずだったので、USBメモリブートでやってみました。

SD Card Copier

こんな感じでSDカードをUSBへコピーします。

From とToを指定して、Startを押します。逆だとクリアされてしまうので注意。

しばらく放置すると、コピーが完了します。

シャットダウンします。

シャットダウン後、RasPiからSDカードを抜いて、コピーしたUSBを挿して起動します。

結果

やはり同じイベントが記録されてしまいます。チューニングが必要のようです。

RasPiだと無理なのかもしれませんが、もう少し試行錯誤をしたいと思います。

良かったら他の記事も読んで頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました