MyJVNバージョンチェッカを使ってみた

スポンサーリンク

IPAが公開しているソフトウェアのバージョンチェックツール「MyJVNバージョンチェッカ」を使ってみました。実行の様子をメモします。ご参考になれば幸いです。

  • 動作環境はWindows限定となります。他OSでは動作しません。
  • 自動起動の手順も掲載されていました。スケジュールでの起動(週1とか)も出来ます。

OSやソフトウェアは常に最新の状態にしましょう!ってアップデートンも言ってます。

子ブタと学ぼう!情報セキュリティ1「脆弱性対策」編
OS やソフトウェアは古いと、欠陥につけこまれやすいもの。OSやソフトウェアは常に最新の状態にしておきましょう。

実行

公式ページから、MyJVNバージョンチェッカ for .NETをダウンロードしました。詳細は公式ページをご確認ください。

脆弱性対策情報共有フレームワーク - MyJVN
Japan Vulnerability Notes

ダウンロード後、解凍してバッチを実行します。(Win7/8の端末は早急にリプレースを検討してくださいね。)

バッチを実行すると、こんな感じで起動します。

[実行]をクリックすると、結果が表示されます。簡単ですね。

おっと、「× 最新のバージョンではありません。」が出ていますね。対処しましょう。

結果への対処

FirefoxとVMware playerは過去に何かの検証をするためにインストールを行いましたが使用せず、そのまま放置となっていました。攻撃者はこのような弱い部分を攻めてきますので、しっかり対処しましょう。今回は不要なのでアンインストールします。

再実行

以下、FirefoxとVMware playerをアンインストール後、MyJVNの再実行を行なった結果です。

無事、チェックがOKとなりました。

まとめ

  • MyJVNが想定している環境は、端末ごとにインストールを行なっているような小規模環境向けだと思いました。
  • 簡単なチェックが出来るので入れておいても良いでしょう。
  • 自動起動の手順も掲載されていました。スケジュールでの起動(週1とか)も出来ます。
  • ソフトウェアは常に最新版を利用しましょう。
  • 不要なソフトウェアは必ずアンインストールしましょう。
  • Windows Updateは自動適用にしましょう。

以上、「MyJVNバージョンチェッカ」の使用メモでした。ご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました