Automatorでタイムスタンプを手軽に入力する

スポンサーリンク

今回は、Automatorを使って、簡単にタイムスタンプ(日付日時)を入力するクイックアクションを作成してみます。Automatorを使うのでmacOSのお話となります。

クイックアクション実行例

以下のような形で、日時をテキストで入力することが今回のゴールになります。

2022/10/25 (Tue) 19:13:15 ああああ 
2022/10/25 (Tue) 19:16:17 いいいいいい 
2022/10/25 (Tue) 19:29:48 ううう
2022/10/25 (Tue) 19:51:19 えええええ

Automator

Spotlight検索(メニューバーの虫眼鏡アイコン)でAutoを入力すると、Automator.appが表示されるので選択します。

Automatorを起動する

クイックアクションの作成

[ファイル]メニューから新規を選択し、クイックアクションを選びます。

クイックアクションを選択

シェルと入力すると、「シェルスクリプトを実行」を絞り込めます

シェルスクリプトを実行を選択

入力する部分に、以下のテキストを入力します。

export LC_ALL=en;
date '+%Y/%m/%d (%a) %T ';
export LC_ALL=;
コマンドの入力

⌘Sで保存します。この際に、クイックアクションの名前が求められます。名前は何でも構いませんが、わかりやすい名前にしておきます。

キーボードショートカットに登録

システム環境設定を開いて、[キーボード]を選択します。

システム環境設定を開いた状態
ショートカットの追加
[サービス]に、さきほど保存した名前で追加されているのが確認できますね。あとは好きなショートカットを追加しておいてください。

一覧の一番下に「timestamp」というクイックアクションが見えます。内容は同じクイックアクションです。既にショートカットが指定されているのが確認できます。

キーボードショートカットの指定ができれば、あとは試しにメモなどを開いて入力してみてください。Excelはなんだか上手く効かないのですが、概ね入力が可能です。

まとめ

以上、今回は、Automatorを使って、簡単にタイムスタンプ(日付日時)を入力するクイックアクションを作成する手順でした。日時を記録する必要がある人にとっては、かなり便利になると思いますので、ぜひ試してください。

タイトルとURLをコピーしました