シンテレワークシステム HTML5 版 Web クライアントを試してみた

スポンサーリンク

シンテレワークシステムのHTML5版 Webクライアントがリリースされ、macOSなどでも使えるようになったので、早速試してみました。

NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」 - HTML5 版 Web クライアントの公開について
NTT 東日本 - IPA 「シン・テレワークシステム」 - HTML5 版 Web クライアントの公開について

サーバー側をBeta7にする

html5クライアントを利用するには、サーバ側はVer 0.18 (Beta 7) ビルド 9901である必要があるので、サーバ側をBeta7にします。アップグレードとか無いみたいですかね。分からなかったのでインストーラをそのまま実行してみました。

殆どの設定が引き継がれるようですが、MACアドレスによる絞り込みは引き継がれませんでした。利用されている場合は、MACアドレスを再度設定する必要があります。ご注意ください。

macOSもiOSもMACアドレスは自動生成に変わってきているので、従来のようなMACアドレスは固定という訳では無いという点に注意が必要ですね。

iPadで接続してみます

とりあえずiPadで繋げてみました。

NTT 東日本 - IPA シン・テレワークシステム HTML5 版 Web クライアント

ワンタイムパスワードを入力します。

とりあえず繋がりましたが、文字入力ができませんでした。

ソフトウェアキーボード等を設定すればできるのでしょうか。

うーん。変わりませんね。キーボード必須ですね。

HTML5クライアントの詳細オプションを確認しましたが、該当しそうなものはありませんでした。

macOSから繋いでみました

iPhoneのネットワーク共有を使って、Macbook Pro / safariで接続してみました。無事に繋がりましたが、ちょっとカクカクする印象をうけました。同じ状態でWireGuardを使って自宅に接続してみましたが、やっぱりWireGuardは速いですね。

まとめ

シンテレワークシステムがHTML5で使えるようになったのは非常にありがたいですね。iPadから接続時のキーボード問題だけ何とか出来ると良いですが、何か抜け道があるでしょうかねえ。

方式接続先iPadからの接続macOSからの接続ネットワークに応じた調整備考
シンテレワークシステムシンテレワークサーバー
(Windowsのみ)
△キーボードが必要◯中継システム(GateWay)が使えるので、ネットワーク設定に囚われない
WireGuardRaspberryPi 4◯ソフトウェアキーボード△ネットワークに応じて調整する必要があるシンテレワークシステムより速い

WireGuardもGateWayを設置出来るようですので、時間があれば挑戦したいところです。

タイトルとURLをコピーしました