【解決】macOS Big Sur でSidecarが使えない問題

スポンサーリンク

macOS Big Sur 11.1にアップデート後、なぜかSidecar機能が使えなくなりました。試行錯誤をした結果、Sidecarが使える様になりました。「キーチェーンアクセス」が原因のようです。

環境

以下の環境で確認しています。

Macbook Pro

  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • 2.7 GHz クアッドコアIntel Core i7
  • Big Sur 11.2.1

iPad

  • Apple IPad Pro 10.5 WI-FI+Cellular 64GB Space Grey

事象

Sidecarを使おうとすると、デバイスタイムアウトのメッセージが表示されます。Sidecarが使えなくても問題は無かったのですが、やっぱり使えないと気持ちわるいですね。Sidecarだけじゃなく、画面ミラーリングも同様のメッセージが表示されました。

事象発生時、systemlogに以下のメッセージが記録される事を確認していました。この時点では、ドライバが見つからないのかなあと推測していました。

SidecarDisplayAgent[2124]: getattrlist failed for /Library/GPUBundles/AppleIntelKBLGraphicsVADriver.bundle/Contents/MacOS/AppleIntelKBLGraphicsVADriver: #2: No such file or directory
SidecarDisplayAgent[2124]: getattrlist failed for /Library/GPUBundles/AppleIntelCFLGraphicsVAME.bundle/Contents/MacOS/AppleIntelCFLGraphicsVAME: #2: No such file or directory

11.1へのアップデートが失敗していた話

11.1へのアップデートが失敗した話はこちらからどうぞ。

このタイミングでAppleサポートさんからは、事象切り分けとして「キーチェーンアクセス」のリセットが案内されていました。

その後、Sidecarが使えなくなった件でAppleサポートさんに何度か調査を依頼していましたが解決に繋がらず。macOS Big Sur 11.2にアップデートしたら連絡くださいね。と言われ、11.2へアップデート後に連絡をしたのですが、担当者さんからの折り返しが無く放置されています。(サポートデスクで放置って、どういう事でしょうかね。ぷんぷんですね。かなり怒る人も居るんじゃないでしょうかね。)

原因

11.1アップデートの切り分け時に「キーチェーンアクセス」のリセットを行い、Apple IDの”キーチェーン”のチェックが外れたようです。これが原因でした。

システム環境設定を表示し、右上のApple IDを開きます。

「キーチェーン」にチェックがある事を確認してください。チェックがされていない場合はチェックを入れてみてください。

キーチェーンにチェックを入れます。これでSidecarが利用できるかどうか確認してみてください。

Sidecar のシステム条件のおさらい

Sidecarを利用出来る条件をおさらいしておきましょう。

Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う
Sidecar を使えば、Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングするディスプレイとして iPad を活用できます。

キーチェーンアクセスは載ってませんね。

まとめ

以下に当てはまる方はAppleIDの「キーチェーン」の項目も確認してみてください。

  • アップデート前はSidecarを利用する事が出来ていた
  • BigSur 11.1のアップデートが失敗し、キーチェーンアクセスをリセットした
  • Sidecarや画面ミラーリングを利用時に「デバイスタイムアウト」が表示される

タイトルとURLをコピーしました