タリーズコーヒーとPRONTOのFreeWifiでWireGuardを利用する

スポンサーリンク

いろんなFree WifiからWireGuard(VPN)経由で自宅に乗り込むシリーズ。今回は、タリーズコーヒーさんと、PRONTOさんです。

何で2軒かといいますと、これを書いている日、タリーズコーヒーで時間を調整したあと、用事へでかけたんです。用事が終わって電車に乗ろうかなと思ったら、中央線の人身事故で足止め。仕方なく時間を調整するためにPRONTOへ入りました。コーヒーでたっぷたぷです。

今回も、「Free Wifi はVPNを使った方が安心ですので、出来るだけ利用しましょう。」という趣旨です。出来ない店舗もあるかと思いますので、あくまで一例となります。

タリーズコーヒー Wifi に接続する

まずは普通にwifiに接続します。ssidは「tullys_Wi-Fi」です。

はい。繋がりました。このままでは裸で歩いているようなものなので、VPNを有効にします。

WireGuard を有効にします

WireGuardを有効にします。これで自宅にトンネルが開通です。

(画像はスタバの時と同じです)

しまった!速度測定を忘れていました。まあそんなに遅くは無かった気がします。

PRONTO_FREE_Wi-Fiに接続

次はPRONTOさんです。ssidは「PRONTO_FREE_Wi-Fi」です。

この後にWireGuardを有効にします。38MBpsくらいでした。

まとめ

以上、タリーズコーヒーと、PRONTのフリーWifiでWireGuard(VPN)を使えるかの確認でした。普通に使えて便利ですね。どちらも、ネットを参照するくらいなら大丈夫なスピードでした。でも、くれぐれも公共の場でWeb会議をしてはダメですよ。

あと、都会はfree_wifiが多くて大変ありがたいですが、free_wifiのフリをして情報を抜きにかかっているスポットもありますので、十分にご注意ください。

危険性と対策について、IPAさんの他、いろいろなところが公開しています。少し古いですがご確認ください。

IPAテクニカルウォッチ「公衆無線LAN利用に係る脅威と対策」:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
情報セキュリティ関連情報のユーザー、管理者、技術者に向けた発信、その前提となる情報収集、調査分析、研究開発、技術評価等の実施
タイトルとURLをコピーしました