WinActor「スクリプトの実行に失敗しました。」を調べる

スポンサーリンク

※7.2.1系も基本的に同じです。

はじめに

 RPA(Robotic Process Automation)ツールをご存知でしょうか。ITの人は名前くらいは知っているよという方も多いとは思います。「毎回手作業で面倒だなあ」というPC作業を劇的に改善してくれる便利ツールです。昔からキーボードやマウスの操作を記録・再生するツールはありましたが、より使いやすくなったものというイメージで良いかと思います。

 今回使うのは、「WinActor」というRPAツールです。初級・中級のチュートリアルを完了した人向けに、Tips系を備忘録代わりにまとめていければと思います。

今回の環境

  • Dell Inspiron(Win10 Pro)にWinActorをインストール
  • Chromeを新規にインストール
  • WinActorのChromeプラグイン も設定済

スクリプトの実行に失敗

Chromeを自動起動させてゴニョゴニョしようと思い、とりあえず「ブラウザ起動」だけを入れてみました。

ブラウザを起動するだけの単純なスクリプトですが、これを実行すると以下のエラーになりました。このままでは何が悪いのか全く不明ですね。

スクリプトの実行に失敗しました。 エラー番号:1 内容:ライブラリ実行(spv_Web)に失敗しました。

Chromeのプラグインも入っている事を確認しました。何が問題なのでしょうか。

エラーの詳細を確認する

エラーの詳細を確認するために例外処理を入れてみます。

ブラウザ起動を正常系の下に移動します。

[ライブラリ]タブ-[WinActor制御]-[07_デバッグ]-[SPVエラー情報収集]をアクション例外のところにドラッグします。

[ノード]タブ-アクション-クリップボードをSPVエラー情報の下にドラッグします

クリップボードのプロパティを以下のようにします。

[ノード]タブ-ユーザ-待機ボックスをクリップボードの下にドラッグします。

待機ボックスのプロパティは以下のようにします。

最後に、例外処理グループを、シナリオの中に入れます。

これで、エラーが出た時に、詳細が表示されるようになりました。さっそく実行してみます。

期待通り、エラーの詳細が表示されました。

今回は、Chrome binaryが見つからない、うんぬん。ドライバーがどうたら。みたいな感じでした。

unknown error : cannot find Chrome binary への対応

いろいろと調べていくと、Webドライバのバージョンが古いということがわかりました。

Chromeのバージョンを確認すると、86.0.4240.111であることがわかります。

ChromeDriverのダウンロードを調べます。

日付が2020-09-03となっていました。WinActorのインストールフォルダ配下のwebdriverに含まれているドライバより新しい事がわかりましたので、これをダウンロードしてみます。

ドライバを入れ替え後、再度スクリプトを実行すると、無事にchromeが起動しました。

まとめ

WinActorのエラー詳細を確認する方法について記載しました。おおまかな流れとしては、以下のようになります。(エラー内容によって対応は変わる可能性もあります。あくまで一例です)

  1. 例外処理を入れる
  2. スクリプトを実行する
  3. エラーメッセージを検索する
  4. 内容を推測し、対処してみる

何事もそうですが、忍耐が一番重要ですね。うまくいかなくてもキーボードが溶けるほど連打してはいけません。がんばってください。

7.2.1系の方は、以下もご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました