Power Automate Desktop for Windows 10を少し試してみた#4【Tesseract OCR】

Power Automate Desktop for Windows 10のシリーズ、前回は[Web オートメーション]の2つのアクションを確認しました。

今回はOCRのアクションを確認してみます。OCRは画像から文字を認識してくれる便利なやつです。(2021/3/19時点、バージョン2.6.00158.21069に基づいた内容になりますので予めご了承ください。)

OCRに使用した画像

WikiぺディアからOCRに使用する画像を借用しました。

英語の文章です

日本語の文章です

Tesseract OCR のインストール

Tesseract OCRが未インストールの場合は、インストールを実施しておいてください。「Tesseract OCR windows インストール」で検索すると、いろいろ情報が見つかると思いますので、詳細は割愛します。

フロー作成

それではフローを作成していきましょう。

「Tesseract OCR エンジンを作成」のアクションを設定します。

「他の言語を使う」をオンにして、日本語を指定します。

言語データパスはインストール先のフォルダ内にあります。(jpnなんちゃらというファイルがあるフォルダになります。)

「OCRを使ってテキストを抽出」のアクションを設定します。

ここでは、OCRソースとして、ディスク上の画像を指定しました。

検索モードで、OCR対象の特定領域を指定する事が可能です。ここでは画像全体を認識するように指定しました。

「メッセージを表示」のアクションを設定します。

フロー全体の様子はこんな感じになります。

フローの様子

フローの実行

英語の画像を読み込ませてみました。どうでしょうか。割と認識されていますね。

元画像
OCR結果

日本語の画像を読み込ませてみました。こちらも割と認識されていますね。なお、手書きの画像ファイルの認識精度はいまいちでした。(自分の字が汚いので)

元画像
OCR結果

実はOCR実行がうまく行かなかったパターンもありました

フローの実行を行っても、結果が何も表示されない場合がありました。

イベントを見るとアプリケーションエラーが記録されていました。chkdskを実行してみて。というイベントもありましたので、ディスク周りですかね。

違うパソコン上で実行したらうまく動作したので、何か原因があるかもしれません。元々、このイベントが記録されたパソコンはmacbookにWindows10をインストールしたものなので環境が変なのかもしれません。

うまく実行されないという場合は、イベントビューアーを確認するのも良いと思います。

まとめ

今回は[OCR]のアクションを確認しました。

  • [OCR]
    • [Tesseract OCR エンジンを作成]
    • [OCRを使ってテキストを抽出]

環境が変じゃなければ、割と簡単にOCR機能を試す事ができますね。手書きの文字は厳しい感じがしましたが、画像や画面上の文字で試してみてください。

良かったら他の記事も読んで頂けると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました