macOS MontereyでI-O DATA ブルーレイディスクドライブ EX-BD05K を使う

はじめに

データのバックアップ用に、I-O DATA ブルーレイディスクドライブ EX-BD05Kを調達しました。たまにバックアップを取る程度ですが、保存するまでの段取りを書いておきたいと思います。

EX-BD05シリーズ | ポータブルブルーレイドライブ | IODATA アイ・オー・データ機器
Type-C対応 保存ソフト付きポータブルブルーレイドライブ「EX-BD05シリーズ」の概要ページです。
I-O DATA ブルーレイドライブ 保存ソフト付き Type-C対応 Win/Mac両対応 バスパワー 外付け 薄型ポータブルBD 国内メーカー ブラック EX-BD05K
I-O DATA ブルーレイドライブ 保存ソフト付き Type-C対応 Win/Mac両対応 バスパワー 外付け 薄型ポータブルBD 国内メーカー ブラック EX-BD05K

環境

macOS Monterey (12.1) で確認しました。追加ソフトは入れていません。

ディスクの種類

今回使用したのは、「M-DISC」です。一回書き込み(ライトワンス)なので、ご注意ください。

M-DISCとは米国Millenniata社が開発した新しい記録メディアで、耐久性を高めたブルーレイディスクやDVDのことです。光・熱・湿度などによる経年劣化に強く、数百年※にわたってデータを保存することができ、データの読み込みは一般的なドライブで可能な為、企業の歴史や重要な情報をデジタルアーカイブする場合に最適なメディアです。

光ディスクとは | IODATA アイ・オー・データ機器
生涯保存ができる「M-DISC」とは | IODATA アイ・オー・データ機器

書き込みの流れ

ドライブをUSBで繋ぎ、空のメディアをセットすると、メッセージが表示されます。

デスクトップ上にアイコンが表示されますが、なぜか空白。

気にせずにダブルクリックで開くと、こんな感じになります。

保存したいファイル・ドライブをドロップします。

ディスクを作成をクリックします。

ディスク名と速度を選択して、ディスクを作成をクリックします。

ディスク作成が始まります。

まとめ

以上、I-O DATA ブルーレイディスクドライブ EX-BD05Kのレビューでした。メディアに保存って殆どしなくなりましたが、クラウドに置く必要もないけど、手元にデータは置いておきたい場合には良いかと思います。

タイトルとURLをコピーしました