Zabbix のエージェントをインストール

前回、Raspberry Pi 3B+(Lite上)にZabbixを入れましたので、監視対象のサーバにエージェントを入れてみました。

対象のサーバ

とりあえずの対象はUbuntuサーバの2つとしました。1つはKVMホスト、1つはKVMゲストの2つとなります。どちらもUbuntuサーバとなります。ホスト・ゲストに関わらず、手順は同じです。

Agentのインストール

wget https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_5.0-1+focal_all.deb
sudo dpkg -i zabbix-release_5.0-1+focal_all.deb 
sudo apt update 
sudo apt -y install zabbix-agent

zabbix_agentd.confのServer,ServerActive,hostnameを編集します。

sudo vim /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

設定後は再起動しておきます

sudo systemctl restart zabbix-agent 
sudo systemctl enable zabbix-agent

ポートの確認

デフォルトでは、 Zabbix Agent は 10050 番ポートで Zabbix Server からのアクセスを待ち、 Zabbix Server は 10051 番ポートで Zabbix Agent からのアクセスに応答します。忘れずにそれぞれのポートを開けておきましょう。

agent側

sudo ufw allow proto tcp from 192.168.xxx.0/24 to any port 10050
sudo ufw status

server側

sudo ufw allow proto tcp from 192.168.xxx.0/24 to any port 10051
sudo ufw status

Zabbix Server側でホストの追加

ブラウザからサーバのアドレスを開き、先ほどagentをインストールしたサーバーを追加してみます。

右上の[ホストの作成]を選択します。

監視対象のホストの情報を入れていきます。

テンプレートとして、[Template OS Linux by Zabbix agent]を選択しました。

無事、ホスト(KVMホスト)が追加されました。あとは監視対象を順次追加していく形となります。

KVM上のゲストも同様の手順で追加出来ました。

今後、Zabbixの利用方法やアラートの仕込み方などを確認したいと思います。

良かったら他の記事も読んで頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました